六弦工房
the forget-me-notのギタリスト、Hajimeのブログです。
Axe-Fx II report #4「中音と外音」
前回の#3「キャビネットは何処に配置する?」に続いて、今回は「中音と外音」についてです。
キャビネットを何処に配置するかが関係します。

空間系エフェクトの前(図1)
エフェクト前_2_70
                             (図1)
外音はそのまま会場のPAへライン出力ですが、問題は中音です。
中音は舞台上のギターアンプ(中音モニター)のリターン(またはインプット)に入力することが基本となりますが、空間系エフェクト以降で中音用に信号を分岐させると、キャビネットシミュレーターをすでに通った音がギターアンプのキャビネットから出力されるので、キャビネットを二重に通ることになります。

なお分岐にはFX Loopを配置します。これ以降の信号はAxe-Fx IIのOUTPUT2(FX SEND)から出力されます。

空間系エフェクトの後(図2)
エフェクト後_2_70
                             (図2)
まず外音は同じくPAへライン出力します。
次に空間系エフェクトとキャビネットの間で中音用に信号を分岐させます。キャビネットを二重に通ることが防げました。

さてこれで中音と外音が適切に設定できたと思いきや、実は1つ問題があります。
図2の中音(FX Loop以降)の信号がAxe-Fx IIのパワーアンプシミュレーターと、ギターアンプ(中音モニター)のパワーアンプと二重に通ることです。

これの対処については次の記事で解説します。

以上、#4「中音と外音」でした。
次回、#5「パワーアンプ」に続きます。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://eventidegt.blog60.fc2.com/tb.php/44-3a13db91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック