六弦工房
the forget-me-notのギタリスト、Hajimeのブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOM ANDERSON 物語 #6「TOM ANDERSON、音詰まりする」
前回の#5「TOM ANDERSONのPUを代えるってよ」に続いて今回は#6「TOM ANDERSON、音詰まりする」と題して、
セットアップ、リペアについて書きたいと思います。

ギターのセットアップは大変重要なもので、演奏性はもちろん出音にも大きく影響します。
まさにプロフェッショナルの業です。
演奏者自身ができるのが最良だと思いますが、あまり現実的ではありません。
信頼できる楽器店に依頼することが重要になると思います。

さて時は前回の2009年から飛んで2016年。
TOM ANDERSONの22Fチョーキング時に音詰まりが発生。
原因としてはセットアップ、ネック、フレット…色々と考えられますが、自分では対処できないので楽器店にメンテナンスを依頼するしかありません。
しかしこの当時どこに依頼すればいいか当てが無かったのです。
色々と探した結果、都内の某楽器店に依頼することに。

セットアップのみで解決することになり、依頼した当日に上がりました。
これまでの自分の経験ではセットアップは基本的に1週間預かりだったので、大変驚きました。
以降、セットアップ、リペアはこちらにお願いしています。
これでまた長く演奏していけそうです。

以上、#6「TOM ANDERSON、音詰まりする」でした。
これにていったん「TOM ANDERSON物語」は終了となります。
思えばTOM ANDERSONを購入したのは14年前(2003年)の同じく5月でした。
ありがとうございました!

次回、「Crews Maniac Sound物語」に続く......?
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://eventidegt.blog60.fc2.com/tb.php/38-580ae831
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。